コミュ障は就職できないので悩みがつきない

コミュ障だと思ってしまう方が、就職活動で悩んでしまう一番の原因が「面接」です。

面接官は、あなたの話してみて仕事ができるかどうかを判断しています。

つまりコミュニケーションが取れないために、就職が難しくなっているのです。

面接では緊張して、うまく伝えたいことができませんでした。

質問もすぐに答えることができず、うろたえてしまうことが多かったです。

そうなってくると、「どうしようどうしよう」と焦ってしまって言葉が出てこなくなって、黙ってしまうことがありました。

これでは、コミュニケーションが取れていないと思われて、採用されないなとうすうす感じてはいました。

引用:コミュ障が面接で採用されにくい理由

コミュニケーションができないと連携が取れずにミスにつながると思われてしまいます。

自分では話そうと思っていても伝わらない、質問にも答えることができなかったらコミュニケーションが取れてないと判断されてしまいます。

コミュニケーション能力を判断される基準

では具体的にどんなことでコミュニケーション能力を判断されていると思いますか?

伝え方

まずは、前述した伝え方です。

伝えることとして大事なことは、相手に伝わっているかどうかです。

自分だけが理解できればいいと考えるだけではなくて、相手にどのように伝わっているかってことなんです。

気を付けてほしいことは、私をよくやってしまうのですが「主語・述語」が抜けてしまうことです。

抜けてしまうと、「だれに対して何を言っているのか」わからなくなってしまいます。

よく友達に、「何を言っているのか分からない」となったことはありませんか?

まさに伝えきれてないことになってしまいます。

表情

次に表情の問題ですね。

第一印象は、2~3秒の間で90%くらい決まってしまいます。

話すことに夢中になりすぎていて、顔と表情がこわばっていると話の内容が入ってきづらくなります。

面接官は、話すことと一緒に表情も見て判断します。

なので、表情が堅苦しいとそれだけで話している内容が入ってこないようになります。

面接では、面接官にあいさつと自己紹介から始まりますが、まずは元気よくハキハキとそして笑顔で話してみることを意識してみてくださいね。

人間関係

仕事をするうえで職場の連携が取れていないとミスにつながってしまいます。

だから、面接官は仕事をしたときのイメージをしているのです。

ボソボソと話すだけで、職場の雰囲気が悪くなって人間関係をうまく作れなくなります。

ですので、人間関係が築くことができるようにあなたの元気さや明るさのイメージを持ってもらうが大切です。

以上の伝え方・表情・人間関係などがコミュニケーションが取れるかどうかの判断喜寿になります。

コミュ障だと思ってしまう人は、面接に受からないと悩んでしまいます。

だったら就職支援サービスを使ってみることをお勧めします。

コンサルタントのアドバイスや紹介したことを活かすことで就職できる可能性は高まりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です